スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

口コミでは敏感肌でも肌潤糖でニキビ・アトピー改善者多数!

肌潤糖は肌に刺激の強い成分が含まれていません。そのため、肌質に合う合わないという問題が出にくいため、敏感肌でも安心して使いやすくなっています。

口コミでも「化粧品選びに苦労していましたが肌潤糖のおかげで肌質も強くなったように感じます。」「すぐに肌荒れしていましたが、潤いが長持ちするようになりました。」といった体験談がたくさんあります。



肌潤糖で肌のお手入れをしていけば、肌の調子を根本的に改善してくれて、ちょっとやそっとのダメージに負けない健康な肌にしてくれます。

このブログでは、肌潤糖が敏感肌でも安心して使える理由について詳しく説明するとともに、敏感肌だからこそ気を付けたいスキンケア用品選びについてまとめています。




■合成界面活性剤に注意!

肌潤糖では保湿成分として砂糖が使われています。だからと言って、砂糖を肌に直接塗ったからと言って、肌がしっとりするわけではありません。そのままだと肌にさっぱりしみ込まないからです。

私たちの肌にはバリア機能と言うのがあります。主に皮脂層がバリア機能を担っているんですが、水性成分はたいてい弾き返してしまうんです。水性ペンのインクがすぐにこすり落とせるのと同じです。



そこでスキンケア商品類には美容成分・保湿成分が肌の奥まで浸みこむたために、浸透成分と言うのを配合されているんですが、この浸透成分が曲者なんです。

もっともよく使われるのが合成界面活性剤と言う成分で、効果的に肌の奥まで成分を届けることができるものの、肌への刺激が強いという致命的な欠点があるんです。



美容成分を加えて肌に良いことをしているつもりが、実は合成界面活性剤の刺激で肌が傷んでしまい、効果が相殺されてしまうケースが多いんです。

敏感肌の場合、合成界面活性剤を使っていないスキンケア用品に切り替えるだけでも、肌の調子がうんとよくなる可能性はかなり高いですよ。




■肌潤糖の浸透力について

肌潤糖はその点、危険な合成界面活性剤を使うことなくココナッツオイルなど天然のオイル成分を使っています。

オイルによって保湿効果のある砂糖を包み込むことによって、肌のバリア機能にはじかれることなく、成分を肌の奥までしっかり届けることができるんです。



ただココナッツオイルの働きはそれだけでは収まらないんです。ココナッツオイル自体が食物性油脂と言って、肌の調子を整えてくれる効果があるんです。

オリーブオイルや菜種油などと同様に、リノレン酸など皮膚細胞を活性化させる働きのある成分をたくさん含んでいるんです。



ココナッツオイルの場合にはさらにラウリン酸といて、肌の炎症を鎮めてくれたり雑菌の繁殖を抑えてくれる成分も含まれています。

つまりニキビや吹き出物が雑菌によって悪化するのを防いでくれるし、すでに悪化して赤く腫れていても、効果的に赤みを鎮めてくれるというわけです。




■肌潤糖の効果的な使い方

肌潤糖はどんなふうに使うのが良いのかと言うと、実はタイミングが重要です。朝でも昼でも夜でも、いつ塗っても良いんですが、肌をきれいにしていることが原則です。

肌が汚れてしまっていたら、せっかくの成分が肌にしみ込むのを邪魔してしまいます。保湿もできなければ、ココナッツオイルの効果だって打ち消されてしまいます。



肌潤糖の口コミの中にも「あまり効き目がありませんでした。」と言う声もあるんですが、風呂上りに使っていないケースが意外と多いんです。

別にシャワーをわざわざ浴びて汗を流さなくても、肌潤糖を塗る部分はしっかり洗浄しておいて、成分が肌になじむ状態を作っておくようにしましょう。


敏感肌でも安心してニキビや肌の乾燥・アトピーも改善できる肌潤糖の効果を返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓














スポンサーサイト

  • « 
  • TOP
  •  »